メタボ対策

【男のダイエット】運動ばかりが脳じゃない!楽に痩せる方法は?

メタボ = デブじゃない!!

「メタボ」とは?
一般的にデブの総称のような認識で扱われていますね(-_-;)
でも、それだけではメタボじゃないんですよ!

日本の医学界の定義では、おへそを中心としたウエスト周囲の長さが男性85センチ、女性90センチを超え、高血圧、高血糖、脂質代謝異常の3つのうち2つがあてはまると「メタボリックシンドローム」と診断されるそうです。

高血圧とは、最大血圧が130mmHg以上、最小血圧が85mmHg以上を言います。

高血糖は、空腹時の血糖値が110mg/dL以上の数値です。

脂質代謝異常は高脂血症とも言われ、LDLコレステロール値が140mg/dL以上、中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロール血症が40mg/dL未満のいずれかを満たすものと定義されています。

つまり、肥満 + 成人病が合体して、見事にメタボが完成するのです!

30歳が曲がり角!

「運動すれば太らない」これは常識ですね!
私も、小学、中学の頃は野球、高校、大学はサーフィンというように、運動はしていた方だと思います。

学生の頃は時間が多くとれたので、伊豆などに泊まりで出かけたものでした。

社会人になってからも、土日の休みが取れた時に土曜日サーフォンで日曜日は次週に備えて休養日というサイクルで、それなりに出かけていました。

しかし、30歳を超えたあたりから、次第に出かけるのが億劫になってきました。

20代は都内に住んでいたので、高速を使えば千葉も神奈川も楽に行けたのですが、30歳の時に引っ越して、今の住まいは埼玉県・・・
日に日に海が遠のいていきました。

その頃から、腰の周りに肉が(-_-;)
高校の頃は、ジーパンのサイズは27インチが入ったのに、30歳を超えたら32インチでも入りませんでした。

それにもめげす、時の流れに身を任せていたら、アラフォーちょい手前で、とうとうメタボ領域を超えてしまいました。

もう、サーフボードが沈んでしまいます(^^;)

運動不足で血圧も上昇

diet

運動不足の影響は、それだけではありませんでした。

日頃から、とんこつラーメンが好きで、頻繁に「ホー◯軒」やら「山◯家」、「千◯自慢ラーメン」などに通っていました。

そんな食生活を送っていても、運動していた頃は問題なかった(というか医者に行かなかった)のですが、会社の健康診断で次第に「血圧が高め」と指摘されはじめ、前回ではとうとう130オーバーの高血圧に!
いつものやつ!「脂多め、味濃いめ」が良くなかったようです(-_-)
いかん!
このままでは、メタボ街道をばく進してしまう!!
かくして、アラフォーのオッサンは遅咲きのダイエットに目覚めたのでした

かくして始まるダイエット人生

とにかく体重を落とすこと!
これが最大のテーマです。

と言っても、毎日の運動はなかなかできるものではありません。

近所に皇居がないので、ジョギングは面白くなさそうです・・・。
かと言って、ウォーキングは近所にお年寄りが多くて気恥ずかしいものがあります・・・。
さて、どうしたものか?
消費カロリーが少なければ摂取カロリーを減らせば良いのは判っているのですが、過去に失敗した体験があるので、極端なダイエットはやりたくないのが本音です。

何とか楽をして痩せる方法はないものだろうか?!
そこで注目したのが、現在、女性誌で人気沸騰中の「スムージーダイエット」です。

ナチュラルヘルシースタンダード公式へ

このサイトを作るキッカケとなった夫婦でのスムージーダイエット

我が家にスムージーが導入されたきっかけ

diet

私がスムージーダイエットの存在を知ったのは、嫁さんが挫折したことによります。

最近、私同様に嫁さんも横に成長しており、彼女が危機感を持って始めたのがスムージーを使った朝食置き換えダイエットです。

そのダイエット用に買った粉末スムージーが、殊の外、嫁さんの口に合わなかったようで、ほんの数回使用しただけで彼女は「いらない!」と放棄してしまいました。

せっかく買った物なので捨てるのも何だし・・
そこで私が試しに飲んでみると?!
「あ・・以外にイケるじゃん」
捨てるなら、俺が飲む!ということで、我が家のスムージー君たちは命拾い!
かくして、すべてのスムージーを私が引き継ぐことになりました。

折しも、ダイエットの方法を模索していた私には、絶好のアイテムが手に入ったわけです!
しかも、タダで(^O^)

味の好みは男女差がある?!このサイトを作ったきっかけ

それにしても、我々夫婦の味付けや食の好みはほとんど一緒なのに、希にこういうことがあるのです。

ひょっとしたら、スムージーなどのトロピカル系の味は男女で好みの差があるかもしれません。
そう考えると、ここでモヤモヤしたものが浮かんできました。

と言うのは、現在、日本で紹介されているスムージー関連の記事は、女性誌でもインターネットでも女性目線のものばかりです。

ですから、味や食感などの感想も、すべて女性主体でレポートされています。

これらの記事を男性が読んで、どこまで参考になるのだろうか?
女性の「美味しい」は、男性にも「美味しい」のだろうか?
それならば、男性から観たスムージーを特集してみてはどうだろうか?
そんな発想で作ったスムージー体験談サイトです。

もちろん、女性にも観ていただけるように作りましたので、いつもと違う視点からスムージーを観ていただければと思います。

グリーンスムージーならこれ!【一番良かったのは?】