スムージーダイエットの基礎

スムージーとは?美容健康ダイエット【基礎知識紹介】

今更、他人に聞けないかも?!スムージーのちゃんとした話

「スムージー」という言葉を知らない人はいないくらい、日常生活に浸透してきましたね。

しかし、日本人は新しいもの好きで流行流されやすい文化のせいか、本来のスムージーを理解していない人が多いようです。

スムージーはアメリカ生まれで、語源は英語の「smooth(スムース)」です。

日本語では、「なめらか」とか「口当たりが良い」という意味になります。

日本での認識は、ヘルシーやらダイエット食品として扱われている事が多いので、ここで一旦、整理してみましょう。

本来のスムージーとは?

スムージーと言えば、粉末を溶かして飲むものだと思っている人が多いと思います。

このサイトで取り上げている製品も粉末を溶かすタイプのものなので、皆さんのイメージ通りのスムージーを紹介しているということですね。

しかし、本来のスムージーは細かく切った野菜や果物を冷凍庫の中で凍らせた物をミキサーに入れて砕きながら混ぜる方法で作られていました。

ですから、スムージーが作られるようになって100年近く経ちますが、最初から粉末だったわけではありません。

食感は、氷のように冷たくて、濃くとろみがあるシャーベットに近い飲み物です。

又、最近になってヨーグルトや豆乳、ガムシロップなどを入れて飲みやすくしているものが目立ちますが、本来のスムージーは乳製品や糖類は入れないみたいですね。

ナチュラルヘルシースタンダード公式へ

スムージーの種類とは?

スムージーの種類

【グリーンスムージー】

ほうれん草や水菜、菜の花、小松菜、ケールなどの緑色の葉野菜を使います。

基本的に生の野菜を使うので、凍らせることはないようです。

満腹感が得られるので、ダイエットに向いています。

便秘解消の効果も期待できるとか?!

【フルーツスムージー】

メインがフルーツで、とりわけ甘く香り豊かなフルーツを使います。

グリーンスムージーに抵抗がある人は、コチラがオススメ!
ミックスジュース感覚で美味しく飲むことができます。

グリーンスムージーに比べて繊維質などが不足しがちになりますので、食物繊維とポリフェノールが豊富なブルーベリーや脂溶性と水溶性の両方の食物繊維が詰まったキウイなどを積極的に取り入れるようにしましょう。

【ダイエットスムージー】

その名の通りダイエット向けにつくられたもの。

砂糖などを添加せずに空腹感を抑えるようなナッツやシード類を使ったり、緑茶やコーヒーなどのカフェイン成分を取り入れる事により新陳代謝を上げる効果でダイエット効果を得るスムージーです。

【デザートスムージー】

アイスクリームやシロップ類などを加えた「○〇○シェイク」に近いスムージーです。

ダイエット目的ではなく、まさにデザートというスムージーです。

ナチュラルヘルシースタンダード公式へ

スムージーの効果UPする飲み方と材料とは?

健康に良いスムージー!でも飲み方には気を付けよう!

ダイエットや健康目的でスムージーを利用する人は多いと思います。

確かに、健康に良いとされるグリーンスムージーは便通が良くなったり、血液がサラサラになり美肌効果やダイエット効果など、良いことばかりが取り沙汰されています。

しかし、そんなヘルシーなグリーンスムージーも注意して飲まなければ逆効果になります。

特に気をつけなければならないのは、女性の敵「冷え性」です。

グリーンスムージーを飲んでいるのに痩せないと言う人は、冷え性が原因かも?
冷え性は代謝の悪い体質(痩せにくい体質)の原因です。

特に冬に冷たいスムージーを飲むと「内臓冷え」という深刻な冷え性を発症するかもしれません。

冷蔵庫から早めに出して、常温に戻してから飲むようにしましょう。

その点、粉末のスムージーなら常温水で溶いて飲めるので、手軽で便利ですね!

女性の方は材料にも気を付けて!

又、キュウリやゴーヤ、スイカなど体温を下げる食べ物を使う場合は要注意です。

体温を下げる効果は、暑い時期が旬なものや南国で採れるものに多いので気を付けて下さい。

これらの野菜類には、カリウムと水分が多いので利尿作用があります。

尿は体内の熱も一緒に出してしまうので、体温が下がってしまうのです。

ですから、食べ物と体内のメカニズムにも気を付けて飲むようにしましょう。

ちなみに・・・スムージーとヨナナスの違いは?

ここ数年、スムージーに似たもので「ヨナナス」という食品が流行っているのはご存知ですか?
スムージーと同じように、果物などを凍らせておきジューサーのような機械に入れてすりつぶすようにして作ります。

イメージとしては、スムージーは溶けかかったシャーベットのような飲み物ですが、ヨナナスは溶けかかったアイスクリームのようでドロっとしており、食べ物といった方が合っている印象です。

特に日本で流行ったのは、凍ったバナナで作るヨナナスでした。

ヨナナスは粘りけがあるドロっとした食感で、いかにも溶けかかったアイスクリームといった舌触りがスムージーと違うと実感させてくれました。

両者の違いは、使う機械に起因します。

スムージーは、ミキサーを使い「カッターのような歯で切り砕きながら撹拌」しますが、ヨナナスは「のこぎりのようなギザギザな歯ですりつぶしながら押し出す」という状態で出てきます。

余談ですが、使用後の水洗いはジューサーの方が大変です。

水を入れて何回か回さないと果物カスが取れませんが、ヨナナスメーカーは蛇口で流すだけできれいになりますよ。

グリーンスムージーならこれ!【一番良かったのは?】