よくある質問

【スムージーのメリット】飲むときの注意やデメリットはある?


スムージーのメリットやデメリットについて教えてください。
ダイエットだけでなく健康にも良いと言われるスムージーですが、飲むときに気をつけることはありますか?
又、スムージーにはたくさんの種類がありますが、やっぱり選ぶものによって効果って違いますか?
それぞれのメリットやデメリット、特徴などを教えてください。

【匿名 女性】


原材料によって得意、不得意はあります!詳しくは・・・

グリーンスムージーの特徴

まず、ダイエットに効果的なグリーンスムージーは、手軽に大量の野菜を摂ることができるという面ではメリットは大きいです。
野菜を大量に食べる方法として温野菜がありますが、野菜を加熱することによって破壊されてしまう栄養素も多いので、そういう面では温野菜よりは効果的です。
又、野菜炒めのように油や塩分を使うこともないのでヘルシーです。

しかし、葉野菜には体温を下げる効果があります。
ですから、1日に向けて体温が上昇し始める朝に冷えたスムージーを飲むと体温が上がらずに下痢になったり代謝が下がってしまう可能性があります。
代謝が下がると脂肪が燃焼しにくくなりますので、次第に痩せにくい体質になってしまう可能性もあります。
ですから、朝のグリーンスムージーは常温、もしくは「ぬるい」くらいに温めてから飲む方がいいでしょう。

フルーツスムージーの特徴

ビタミンやミネラルが豊富なフルーツスムージーは、美肌効果や老化防止などに効果があります。
グリーンスムージーのような「青汁臭さ」もないので、手軽に美味しく飲めるのが特徴!
しかし、美肌に効果があると言っても飲み過ぎはいけません。
フルーツには糖分が多く含まれています。
果物は、昔は「水菓子」と言われていたくらいですからね~
飲み過ぎはアンチエイジングとともにアンチダイエットになってしまいますよ!
ですから、材料にする果物にはキウイ、イチゴ、グレープフルーツ、バレンシアオレンジ、アボカドなど低カロリーなものを選ぶと良いと思います。

ホットスムージーの特徴

ホットスムージーのメリットは、体を冷やすことなく多くの栄養素を摂ることができる点です。
体温が1度上がると代謝は13%上がると言われていますから、体を温める事は脂肪が燃えやすい体質になりダイエット効果が出やすくなります。
反面、ホットスムージーは酵素が摂取しにくくなるというデメリットもあります。
酵素は熱に弱く、60度以上になると活動を停止するものが多いと言われています。
ですから酵素を有効に摂りたければ、ぬるいと思いますが60度以下で飲むことがいいですね。

目的に応じて使い分けるのが大事

このように、スムージーにはそれぞれメリット、デメリットがあります。
これらの特徴をよく理解した上で、デメリットを回避する工夫をすることで無駄のないスムージーライフが送れるのです。

【サイト管理人】

グリーンスムージーならこれ!【一番良かったのは?】